令和6年能登半島地震 災害支援基金

令和6年1月1日午後4時10分ごろ石川県で最大震度7を観測する地震が発生しました。 本基金は、災害の復興活動を支援するための基金です。

・寄付額から、以下の通り、クレジットカード決済手数料および運営費へ割り当てます。
 ・クレジットカード決済手数料 3.4%(クレジットカード決済の場合)
 ・運営費:寄付総額の15%

・ご寄付は下記ボタンのリンク先の寄付決済サイトにてお手続きください。自由な金額でご寄付いただけます。

・決済方法は「クレジットカード決済」と「銀行振込」をお選びいただけます。

・銀行振込をご希望の方は申込後、控えのメールが届きます。 そちらに振込先情報を記載しておりますので、お振込のお手続きをお願いいたします。

▶︎寄付についてのQ&A

▶︎募金目論見書

令和6年能登半島地震 災害支援基金

令和6年1月1日午後4時10分ごろ、石川県で最大震度7を観測した地震に関する復興支援活動を支える基金です。

被災された皆様が少しでも安全、快適に避難生活を送れるよう、そして、一日も早い復興を成し遂げられるよう、県内各機関と連携し、変化していく被災支援のニーズをとらえ、随時、活動団体への助成を通じて被災地支援をしていきます。

基金設置者について

公益財団法人ほくりくみらい基金は、石川県全域を支援対象とする市民立の財団(=コミュニティ財団)です。

寄付金の用途

災害支援活動を行う現地のNPO等の活動団体への助成を行います。緊急期のみならず、復旧期・復興期まで、中長期的な支援を行います。

全国からのバックアップ

全国各地での災害支援基金の立ち上げ経験がある一般社団法人全国コミュニティ財団協会に、基金立ち上げの支援をいただいています。

被災者を一時的に受け入れる「1.5次避難所」に避難している人は3か所で合わせて288人です。 このほか旅館やホテルなどの「2次避難所」に避難している人は217か所で合わせて4944人です。

2024/2/1 NHKニュースより

基金運営者について

「令和6年能登半島地震 災害支援基金」は公益財団法人ほくりくみらい基金が運営します。

私たちは2023年4月3日に市民発で設立された財団法人(コミュニティ財団)です。

お金のあたたかな循環をつくるために、みなさんの想いあるお金をもとに、地域課題への取り組みに対し、資金的・非資金的助成を行います。持続的に循環する寄付と助成の仕組みをつくっています。

16117212
現在の基金の額(2/9 17:00時点)
発災から1ヶ月がたち、皆さまからのご寄付は3,000万円を超えました。 お一人お一人がこうしてお心を寄せてくださいましたことに改めて感謝申し上げます。 ほくりくみらい基金では、第1次・第2次緊急助成プログラムを実施し、被災地や被災された方々が過ごす場所で災害支援に取り組む団体へ、皆さまのご寄付が届いています。 助成先団体の詳細につきましては、下記詳細ページからもご覧いただけるほか、#ほくみ能登助成 で、報告・発信も行ってまいります。 引き続きのご支援ご協力よろしくお願いします。

TO DONATE

寄付する

・寄付額から、以下の通り、クレジットカード決済手数料および運営費へ割り当てます。
 ・クレジットカード決済手数料 3.4%(クレジットカード決済の場合)
 ・運営費:寄付総額の15%

・ご寄付は下記ボタンのリンク先の寄付決済サイトにてお手続きください。自由な金額でご寄付いただけます。

・決済方法は「クレジットカード決済」と「銀行振込」をお選びいただけます。

・銀行振込をご希望の方は申込後後、控えのメールが届きます。 そちらに振込先情報を記載しております。 控えメール受信後に、お振込のお手続きをお願いいたします。

▶︎寄付についてのQ&A

▶︎募金目論見書

「#ほくみ能登助成」では、緊急助成プログラムに採択された団体の活動報告を紹介しています。

Facebook、X、Instagramにてご覧いただけます。